易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易自体の理解を

大学の先生はどうか知りませんが、
易占を主にするなら、公田連太郎翁の
この姿勢をもって、易経を読むとよいです。

『中孚。豚魚吉。利渉大川。利貞。』
この卦の文字の解釈には、いろいろな異説があり、
古来の学者、各々説を立てておるのであるが、
だいたいの意味は、結局、同じいことになるのである。
細かい文句の解釈には相違があり、
かましく議論しておるのであるが、
それは二千年後の今からではとうてい
解決し得られない問題である。
枝葉末節を議論して、根本の大事を忘れるのが、
多くの学者の弊風である。
今からはとうてい解決し得られない問題に
引っかからないで、
重要なる根本の趣意をみるべきである。
易経講話)

これは、
「新釈漢文大系 易経」を読むにおいても、
注意すべきことだと思います。

細かい文字の解釈、諸説に、
ページを割いていることがありますから。

しかし易占を主とするならば、
文字の解釈に拘泥するより、
易思想、易システム、卦爻と辞との関連・・
に意識を向けるべきです。