易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

日昃之離

日昃之離。
不鼓缶而歌、則大耋之嗟。
凶。 
── 離、九三 

日昃(かたむ)くの離。
缶(ほとぎ)を鼓()ちて歌わざれば、
則ち大耋(たいてつ)の嗟(なげき)あり。
凶。

某易占家は、
この爻の占につき、
「日昃之離だけでわかってしまう」
と云っていました。

ニッソクノリ、だけで・・。

× × × ×

歌うとか、嗟くなんてのは、
占においては、
「おまけ」と考えておいて、
よいのです。

日が沈んでいく時の弱弱しい光。
やがて日は没するのだ。

これだけで占えるからです。

× × × ×

詩的、思想的な解釈を、
覘いておきますと・・

どうせ人生の日も沈まうとしてゐるのに、
今更ら嗟いてみても仕方が無いではないか。
それよりも缶を鼓して歌ふ楽天知命
境地に至つた方がよいではないか。
(易学大講座)

理を以てこれを言うに、
盛んなれば必ず衰えることあり、
始まれば必ず終わることあり、
常道なり。
達者は理に順うを楽しみとなす・・
(程伝)


老年は安楽であれ。
運命に身をゆだねる境地。
道理に順(したが)うを楽しみ、
天命に安んじておれ。・・

と、まあ、
こういうことですが、
凡人はなかなか
こういうわけにはゆかぬ。

なので、
ストレートに凶占として、
占うこと多し。

日昃之離。・・凶。
と。