易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易の蔵書(2)

高亨氏による易の註釈書です。
2016年、古書にて購入。
f:id:kuz-akichi:20190622122318j:plain

以前の所有者は、
広島大学の教授だった人です。

ネットで購入したのですが、
古書店の方が、
そのように申し添えて下さいました。

鉛筆で傍線を引きながら、
ていねいに読んでおられます。

小生のごときは、
ただただ恥じ入るばかり・・
f:id:kuz-akichi:20190622122403j:plain
マサニ水ニ溺レ死ヌ・・
なんて、不祥な文字に傍線が。

「无咎」 が衍文であるか否かを云々・・。
凶なのに无咎。これが矛盾であるか、どうか。