易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

女性の非を正す

山風蠱 九二 
幹母之蠱。不可貞。

この 「不可貞」 が曲者です。

巷間、
女性の社会進出が叫ばれておりますが、
易のこの教えは押さえておくとよいです。

すなわち、
女性に対しては 「貞ニス可カラズ」。

たとえ女性に非があるにせよ、
理論を構築して理路整然と正すのはだめで、
やさしさ、気持ちをわかってあげる・・
的なアプローチのほうがよい。

女性の質は、
陽剛ではなく陰柔だからです。

蘇東坡曰く。
「これを正せば愛を傷(ヤブ)り、
正さざれば義を傷る」

「これ」 というのは、
女性の過ち・不品行です。