易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

赤と黒

f:id:kuz-akichi:20210220125936j:plain

昨夜、
赤と黒()の最後の章、
ジュリアン・ソレルがレナール夫人の部屋へ、
梯子をかけて忍び込む場面を読む。

情事と云えば、情事だが、
なにか個人の力ではままならぬ社会にあって、
現実を超えたところの超現実というか、
夢の世界、幸福の世界というか、
現実のこの世にはない芸術の世界を
見ているように感じた。

これは、
文章の書き方によって生ずる、
効果なのかもしれない・・

松原雅典先生によれば、
危険な関係」とそっくりな台詞、
ドン・ジュアン」と「フィガロの結婚」を
混ぜ合わせたようなシーンがあるという。

スタンダールはそうした、
読書体験から得た興奮を、
より高い次元に昇華している。

今日からは下巻だ。

ゆっくり行こうぜ、日本。