易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

汗をかく

風水渙第五爻の占考に、

  • 他人のために骨折り、利をうる時(柳下・易入門
  • 初志を貫かねばなりません。懸命に働いて・・(易学大講座

とあります。

「骨を折る」「初志を貫く」「懸命に働く」
という表現はどこから出てきたのか? 

これは爻辞の「汗」からです。
「渙のときその大号を汗にす」

汗をかく・・つまり、
骨を折って懸命に働くというわけです。

また汗は、
一度出れば再び反(かえ)ることがないから、
初志を貫くと見ているのでしょう。
これは朱子の説を使っています。

なぜこんなことを書いたかと云いますと、
易学大講座の説明ではちょっと簡潔に過ぎ、
わかりづらいと感じたからです。

大岳氏は、おそらく、
「高島易断」を読んで、このような
占考をしたのでしょう。