易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

六十四卦を覚える

自分を振り返りますと、
正式に易占を学ぶ前から、
六十四卦くらいは知っていました。

先代・銭天牛氏の
「現代易占術」鶴書房 
を読んでコインを振っていましたから。

本の小口が手垢で汚れるくらい、
何度も占いましたから、
自然と易卦の名と形を
覚えてしまったようです。

だから、
易卦を覚えられないといった苦労は、
ありませんでした。

しかし、
今やっている三変筮の可否占などは、
当時は知るよしもありませんでしたから、
単なる「おみくじ易」の繰り返しでした。

それでも、
必死に占っていた自分がなつかしい・・・
です。笑