易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易の雑談

当ブログでは、
易経を読みましょう」
と再三再四云っていますが、
かく云う愚生も、
初めのウチはなかなか易経を読みませんでした。
読めなかったから読まなかったのです。
岩波と朝日の文庫版易経なんてかなり前から、
持っていることは持っていたのですが。
易学大講座は第八巻の奥付によれば、
平成六年発行となっていますから、
30年も前のものなんだよね。しかし大講座も、
当初はほとんど読んでなかったなぁ。
最初の10年位はやはり読んでないに等しい
状態だったと思います。
そんな按配だったのですが、ある時から
急に易経を読むことが楽しくなったのです。
転機となったのは易経講話を読んでからです。
易経講話もすべて読んだのではなくて、
卦辞、彖伝、大象、爻辞、小象をキッチリ読みました。
(これは今も継続中です)
序卦伝、繋辞伝、説卦伝、雑卦伝の方は、
この易経講話の説明は、
饒舌に過ぎて、どうも肌に合わなかったのです。
それらは爻辞を学びながら関連個所を
岩波の繋辞伝等で参照する、といった読み方をしています。
そんな読み方ですが、少しずつではありますが、
翼伝の方も接するようにはなってきています。
愚生の経験がすべてではないでしょうが、
易経を読んでどうしても ? な人は、
ひとつ易経講話を読んでみたらどうでしょう。
高価ではありますが、最初は図書館で借りて
読めばよいのです。そしてぞっこん惚れ込んだら、
大枚をはたけばいいわけで。
なかには易経講話も読めない、という人があるかも
しれませんが、そういう人は、自分は易経には縁がない
と思えばよいのです。周易だけが卜占ではないのですから。
断易とか、タロットでもよいと思います。
愚生などはタロットに挫折して周易を学んだクチです。
(今でも女性の妖艶なタロット占に憧れをもっている)
げらげら。────
以上、ちょっと雑談してみました。