易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

朝の読書

朝、寝床の中で読み、
冒頭の「波打ち揺れる月が」の一句の、
揺らめく感じに魅せられました。

波打ち揺れる月が、その屈託のない美しさを 
ゆあみさせんものと、わななく湖に送ってよこす 
白い光線さながら、われわれの方にしのび寄る、
浮れの、いわくありげな眼差し。

作品:ボードレール「孤独な男の葡萄酒」
訳者:阿部良雄 

× × × × 

ボードレールは、
毎朝、寝床で読むのですが、
一篇の詩を、
阿部良雄安藤元雄鈴木信太郎 
の順で読むことにしています。

誰の訳が優れている、
ということはなく、どれも
素晴らしいのですが、
この詩はこの訳、しかしこれはこっちだな、
のように、詩によりけりで、
こちらの訳がよかったり、
はたまた高尚な訳がよかったりします。

岩波の鈴木は、
格調の高い重厚な語法ゆえに、一見、
厳めしい顔つきをしているのですが、
読んでみると案外に読みやすい。

訳文がそのように、
工夫されているようです。