易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

勝敗を易占

以下は、お遊びの〈雑占〉です。

× × × × 

プロ野球日本シリーズの第四戦。

この試合にヤクルトが勝てば、
日本一に王手となる試合でした。
オリックスを応援している小生は、
第四戦(24日)の勝敗に気をもんで、
易卦を出してみました。

「本日の第四戦はオリが勝つ」
を筮して、二爻を得ました。

一瞥、鼎の意味が不明でした。
が、爻辞の通りに占断して、
敵があってもトガはないのだから、
「今日はオリが勝つだろう」
と予想したのですが、
(おみくじ易!)
結果は1対2でオリの負けでした。

後で振り返って、
オリは第二戦、第三戦と連敗していたので、
鼎は貞、定(テイ)に通じるということで、
前日の試合と同じ結果だったのではないかと、
そう得卦をとらえてみました。

得られた二爻も、
まだ料理の食べられないところで、
鼎の役割を果たせないところです。

と、
そんな反省をしました。

次に第五戦25日)。
この試合にヤクルトが勝てば、
日本一が決まってしまいます。

同じ占的で筮すると、
得られたのは上爻

直感的に、
「今日はオリの勝ちだ」
そう思いました。

なぜなら、
第一戦から第四戦まで、
すべて1~2点差の大接戦でしたから、
今度はオリが逃げ切るだろう、
とそう思ったからです。

遯は「逃げる」ですからね。

得られた上爻も、
唯一スパッと逃げ切れるところです。

結果は、
6対5でオリが勝ちました。

一時、ヤクルトの山田選手の
同点3ランがありましたが、
9回表、代打のジョーンズが勝ち越しの
ホームランを放ち、あとは抑えの平野投手が、
ヤクルトの上位打線を打ち取って、
1点差で逃げ切ったのでした。

9回に勝負が決まったのは、
まさに卦の終りである、
上爻を示しています。

これでオリは、
神戸に帰れますから、
あとは結果よりも
試合内容を楽しみたいと思う。