易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

爻辞占の論点

沢水困・五爻病占につき、
大岳氏の著書にはこうあります。

永患ひの者は恢復への一歩を踏み出すに反し、
急病の者は頓(とみ)に悪化して生命危篤の惧れがある。
(「易学病占」)

爻辞曰。
劓刖。困于赤紱。乃徐有説。利用祭祀。

困の五爻は、
今は困しい時であるが、
困苦のとけ散る兆しの出て来る
ところです。

ゆえに永患いの者は、
恢復への兆しが見えて来ると、
占考しているのです。

では急病の場合はどうか?

急に悪化して生命危篤の懼れありと、
見ているではないですか! 

つまり、同じ爻辞なのに、
正反対の占考をしているのです。

こういうところが、
爻辞占のムツカシイところです。

扨て、
なぜ急病の場合を凶と見たのか。

こういった先人の占考例を
実際に自分の頭で考えてみることで、
実占力がつくのです。

これは病占だけでなく、
他の占題においても応用できますから、
ようく考えてみてください。

こんなの、
誰も教えてくれませんよ。
(論点であることも知らない)