易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

満月と猫

ボードレールにしては
わかりやすい詩です。

引用:
夜もふけていた。まあたらしいメダルのように 
  満月が空にかかっていた、
そして夜のおごそかな気配が、河のように、
  眠るパリの上を流れていた。

家並にそって、表の戸口から戸口の下を 
  猫どもがこそこそと伝い歩いて、
耳を立てたり、あるいはまた、親しい影のように、
  ゆっくりとついて来たりした。
:引用終り 

安藤元雄 訳「告白」より)

満月を
「まあたらしいメダル」
に譬えているのは、
硬質の美ですね。

猫の描写では、
「耳を立てたり、あるいはまた、」
のところで笑ってしまいました。