易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易占は予言か

易の達人になれば、
将来、起こるであろうことを、
バシバシ予言できるようになるのか? 

加藤大岳氏は、
易占と予言につき、
こんなふうに述べています。

易占は非常に神秘的なもので、
人智の及ばない霊験を表わして、人の成り行く先や、
事の次第を予言するものであるかのように、
ある人たちの間では思い込まれ、また、
それを宣伝している向きもないではありませんが、
人間の作り出したものであり、
人間の操作する行為なので、
人智・人力以上に超越した摩訶不思議な
予言をこれに求め期待するのは、
誤りであることを覚らなければなりません。
(昭和50年「歴史読本」臨時増刊号)

なので易占は、
特殊能力による、摩訶不思議な、
「予言」ではありませんので、
そこんとこ、ヨロシク。

少なくとも、
加藤大岳氏の易占は、
予言とは相容れないものである、
ということです。

では易占の効用とは何か? 

実は、
そういう話も書いたのですが、
理屈っぽくて不自然な感じがしましたので、
削除してしまいました。