易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

ヨリを戻す

沢地萃には、
こんな占意があります。

旧交の捻(より)を戻す
(易学大講座)

これは、
序卦断法(姤→萃)による判断で、
「遇へば集るといふのが自然の順序」
だからです。

あと、
     
坎為水から来た沢地萃と見れば、
二と五とが離ればなれになって、
互いに事を構えていた二陽爻が、
ヨリを戻した象(沢地萃)とも
見られるわけで。

これは越爻生卦ですね。