易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

堂々たる文章

こうした場面における、
スタンダールの文章は実に素晴らしい。

まるで映画の1シーンのようである。

槍騎兵第二十七連隊は、一八三*年三月二十四日午前八時半ごろ、うすら寒い曇り空の下、ナンシーにはいった。威風堂々たる軍楽隊が先頭を進み、土地の者や若い女工たちのあいだでたいへんな人気をあつめた。緋の軍服を着て白馬にまたがった三十二名の喇叭手が、天にもとどけとばかりに吹奏したからだ。おまけに最前列にならぶ六名の喇叭手は黒人で、喇叭手長は七フィート近い大男だった。

「リュシアン・ルーヴェン
 島田尚一・鳴岩宗三 訳

朝の八時半に、
炎の軍服を着、白馬にまたがった軍楽隊が、
天に向かってラッパを響かせる・・

うすら寒い曇り空の下の、
張り詰めた空気感が、
伝わってくるようではないか。

第二十七連隊。
午前八時半。
三十二名。
七フィート。
・・など、
記述が具体的である。