易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

一卦・六爻・一か月

易を学び始めの頃は、
一日一爻読むという方針を立てて、
一年ちょっとで384爻を読むということを、
二回転しました。しかし、これでは
上滑りしてばかりで、
辞をじっくり読めていなかったのと、
卦義の重要性も認識し始めていたので、
その後こういう読み方はしませんでした。
それからは一卦の義を一週間かけて読み、
一爻を三日かけて読むことにしました。
そうすると64卦384爻を一回転させるのに、
五年ちょいということになります。
はたしてこの読み方が合っていたようで、
現在も進行中なのです。
易の読み方については、極端に云えば、
一卦6爻をじっくり読んだ方が、
のんべんだらりと64卦384爻を読むより
有用であろうと思われます。
公田連太郎翁もそんなことを述べていて、
一卦を徹底的に読めば、易卦は他の63卦に
繋がっているものだから、結局すべてを読む
ことになると。まあ易は小宇宙のように、
細部が全体に通じている高度な体系ですからね。
その究極が乾為天の一卦ということに
なるのでしょう。おや、話が
とりとめのないものになってきましたので、
これで終わりにします。