易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

六変筮は象占で

坎為水を良好な血流の象とすれば、
沢水困は血管内に血栓のある象であろう。

 ‐ ‐    ‐ ‐
 ──     ──
 ──     ‐ ‐
 ‐ ‐    ‐ ‐
 ──     ──
 ‐ ‐    ‐ ‐

すなわち、
困は四爻が陽であるために、
上卦が兌の止水となって、
血液がうまく流れていない。

決してあり得る例ではないが、
六変筮で病気を占ったとして、
沢水困不変を得たとしよう。

すると、
四に血栓があるから、
例えば脳梗塞を発症しているが、*1
不変なのでこのままでは一刻の猶予もならない。

人為的に、
カテーテルなどを使用して、
四の血栓を取り除く必要がある・・

古い易勉強会の資料を見ていて、
上記のような象占を思いついたので、
ちょっと記してみました。

f:id:kuz-akichi:20201222163704j:plain

さらに、
六変筮で困之坎を得た場合を、
考えてみてもいいでしょう。

実際上、
このような占はないでしょうが、
六変筮(=象占)の参考として。

*1:四爻だから心筋梗塞のほうが妥当か。