易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

家を富ます

富家。大吉。
 象曰、富家大吉、順在位也。
── 家人、六四 

お目出度い辞がかかっています。

しかし、占においては、
家人卦の中の一爻であることを、
忘れてはなりません。

家を保つという枠内における、
「富」であり「大吉」なのですから。

「大吉」だからといって、
なんでも、かんでも、
「よろしい」と判断しないためにも、
易経を読まねばならないのです。

占としては、むしろ、
象伝の「順在位也」のほうを
使うといいかもしれません。

「順」であることが
幸せを呼ぶのですし、*1
「位」を保っていくことで
安定を得るのですから。*2

そうして、
この爻の意義に適ってはじめて、
「富」とか「大吉」の判断をするのです。

ちなみに、
病占ではよい判断をしません。

病気は凶とします。
「家ヲ富マス」といふのは、
「病ヲ富マス」と取れます。
 (易学大講座)

*1:大岳先生は「ツツシミテ」と読んでいます。

*2:位が正しく、五を承けています。