易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

それはいつ?

勤め人で、
結婚を望んでいるバツイチの男性が、
某易占家のもとを訪れました。

部下の女性が、
彼女の友人との結婚を薦めてくれて、
明日その方に会うのだが、
その前に縁の良否を知りたい
というのです。

三変筮で筮すると、
水地比の初爻を得ました。

占者は、
比は一陽五陰の卦で、
水と地が親しみ、和合する卦ですが、
初は五と応比の関係にないので、
縁の良否は否である、
と答えました。

(ちゃんと爻で占っていますね)

すると相談者は、
「ではいつ良縁に恵まれますか」
と重ねて訊ねました。

(ありがちですね)

占者は算木を見ながら・・

小象の言葉に
「比の初六は、它()の吉あるなり」
とあります。

この結婚話を見送れば、
来年には良縁が得られるでしょう。

・・と答えました。

「它の吉あるなり」
・・というのですから、
今の話以外に良い縁があるのです。

そして、それは、
「来年」訪れるのですが、
なぜ来年なのか・・・これは、
各自で考えてみてください。

× × × × 

ちなみに上記の占は、
腕の確かな某易占家が、
実際に占ったものです。