易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

日々、是、日々

暑さもやや和らいだ。
しかし暑かったね。
暑いのの何が嫌かって、
シャツやパンツがぐっちょり濡れること。
歩いたり自転車に乗った後など、
シャツやパンツを脱いで、
扇風機で煽って乾かしたりすることが、
日に2~3度ある。
よく冷房のないカウンターのラーメン屋で
ケツを道路に突き出してラーメン食ってる
奴がいるけどね。
暑くないのかね。
ぐったりしてて小説も読まなかったけど、
少し温度が引いたので、チェーホフ
「中二階のある家」を読んだらヨカッタね。
今はスタンダールの「箱と亡霊」を読んでる。
短編なんて読むの久しぶりだ。
また読んでみようかな。

ちなみに、
この記事のタイトルだが、
離為火を思わせます。
日が重なっている。

どうりで暑いわけだ。