易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

年筮を振り返る

知り合いの方が、
今年の年筮を振り返って、
四国八十八か所霊場めぐりなど、
悉く「止まれ・行くな」だったが、
はたしてコロナ禍のせいだったのか・・
(正しくは「・・だったのね」)
と納得しておりました。

そこで、
自分も年筮を見てみることに。

得卦:地水師の六四。
爻辞:師左次。无咎。

今になってみまするに、
師は「集団の戦い」ということで、
「人類 対 コロナの戦い」
とも解釈できるでしょう。

四爻は、
柳下『易入門』によれば、
「退いて情勢を静観すること」
と教えています。

これなど、まさに
ステイホームではありませんか! 

そして、
この年筮につき、
当ブログではこんなコメントを
記していたのです。

相手と戦って勝つのではない。
退いて咎なきを得るのである。

攻める時にあらず。
「退くこともまた軍隊の道である」

少なくとも、
これからの五か月は、
控えておるのがよいようだ。