易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

地味な生活

f:id:kuz-akichi:20200801133709j:plain

小生、
コロナ禍のせいばかりでなく、
とても地味な生活をしている。

酒も飲まなければ、
タバコも吸わない、
テレビも見なければ、
ラジオを聞く頻度も減った。

飽きずにやってるのは、
易経を読むことと、
珈琲くらいか。

易経を読むようになってから、
酒もタバコもしなくなった。

易経は何かを犠牲にしないと、
読めない面がある。

柳下先生などは、
生活に窮していた時期が
あったようだ。

それはさておき、
夜は易ブログを書き、
合間にyoutubeなどを
視聴することがある。

演歌もいいね。
水雲(MIZMO)が歌う「兄弟船」とか、
石川さゆりサンの「能登半島」が、
近頃のお気に入りです。

夜中や早朝に目を覚ませば、
今なら「パルムの僧院」を
布団の中で読んでいる。

こういう古典小説には、
崇高な場面といいましょうか、
魂の高いところがあって、
演歌がいいとは云っても、
やはりそれは流行り歌に過ぎないと、
思ったりもしています。