易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

ふたつの秘伝

柳下「易 占法の秘伝」を読んで、
p.165 まで来ました。

ゆっくり読み進めておりますので、
亀やナメクジの進捗ぶりです。

ところで、

  • 筮法選択の要訣 p.142~ 
  • 占的について  p.152~ 

の二項は、
「コレゾ柳下易ノ精髄ナリ」
といったところでしょう。

ようく噛み締めて、
十分に習熟すべき内容であると
思います。

× × × × 

「筮法選択の要訣」は、
易占法の一つの到達点であると、
小生には思われます。

ちょっと読んだだけでは、
「これが易占の究極の姿だ」
とは思えないかもしれませんが。

著者の柳下氏は、
「易 占法の秘伝」を読むに際して、
特に、

  • 合理的であること。
  • 占的によって筮法を使い分けること。

の二点を読み落としてはならないと、
別の文章で強調していました。

「合理的」というのは、
大岳易最大の特徴のようですが、

  • 霊感に頼らない。
  • 順序を以て因果関係を明確にし、理屈っぽくなり過ぎず自然である。

ということだと思います。

そして、
合理的であれば、当然、
「平明」という特徴にも
つながるわけです。

× × × × 

「占的について」は、
貧弱な実占経験の人だと、
著者の意図がうまく
汲みとれないままに
やり過ごしてしまうかも。

逆に、
真摯に実占に
取り組んでおられる方なら、
それが易占以外の占法であっても、
自分なりの占い方をすでに、
お持ちなのではないでしょうか。

× × × × 

あんまり本の中身を書いては
いけないと思いまして、
上記のように書きました。

関心を持たれた方は、
どうぞお読みになってください。