易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

大過→習坎

物不可以終過、故受之以坎、
坎者陥也。── 序卦伝

物事や活動が過ぎた状態になると、
次には陥るハメとなる。

まあ、
そういうことを云っています。

× × × ×

易は、
「過ぎた」状態を
嫌いますからね。

陰柔不中正とか。
過剛とか。
卦極とか。

三爻、上爻の悪さを見よ。

× × × ×

ところで、
大過の上六は、
溺れ死ぬ爻でした。

そして、
それに続くのは習坎。

川がふたつ、
重なっている卦。

大過が死の卦で、
坎で坎(あな)に入る、
という見方もできる。

よくはわかりませんが、
頤→大過→習坎→離 
(離→坎→坎→離)
の並びには、なにか、
深遠な意味があるようにも、
小生には思われます。