易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

いばる人

子曰、
君子泰而不驕、
小人驕而不泰。
── 論語子路

× × × ×

先生がいわれた、
君子は落ちついていて
いばらないが、
小人はいばって
落ちつきがない。
(金谷 治・訳)

孔子の述べた「泰」を、
易卦の泰として考えてみても、
面白いかもしれません。

君子は泰運にしておごらず、
・・などと。

× × × ×

本格的に、
易経を読み込んでおられる方は、
決していばらない。

これは小生の感想です。

「私はわかったような
顔をしていますが、本当は何も
わかっていないのです」

ある易の先生は、
謙虚にそうおっしゃいました。

むしろ、
勉強を始めたばかりの人、
からっきしわかっていない人のほうが、
自信満々な態度をとるようです。