易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

二つの年筮

こんな年筮を見た。

× × × ×

占った人はどちらも女性で、
筮法は六変筮法(中筮法)。

ご本人を知らないのと、六変筮ゆえに
卦の意味を絞り切れないのですが、
小生の感想を少しく述べてみます。

× × × ×

 臨  之  剥
     
     

運気はよい。
前途洋々といった感じです。

けれど・・
調子に乗って軽率になりがちで、
ドン詰まって断崖絶壁に立たされる危険。

(本卦之卦ともに十二消息卦)

そうならないためにも、
臨のよい面をいかに持続させるか、
それがカギになる。

之卦にしないヒントを、
本卦から読み解く必要がある。

白蛾曰く、
剛気なれば悪し。

× × × ×

 大過 之 咸
      
      

重荷を背負って苦労する。

後半、
その荷は少し軽くなるが、*1
一年を通して気は抜けませぬ。

あるいはまた・・
「老いらくの恋をして瑞々しさを取り戻す」
テナ判断も可能です。

× × × ×

六変筮の判断の難しさを感じます。

「よくわからない」
というのが正直な感想です。*2

もし六変筮を用いるなら、
六変筮で大まかな流れを掴んでおいて、
仕事運、恋愛運、健康運・・
と三変筮による分占を併用するのが、
よろしいようです。*3

*1:四陽の重さが三陽になる。
これ、六変筮特有の象占です。

*2:小生は六変筮の初心者です。

*3:先達が云っていました。笑。