易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

能自止而不進

輿説輹。── 大畜、九二

輿(くるま)輹(じくしばり)を説(と)く。

車体と車輪を結びつけている
車軸のしばりを(自ら)ほどく。

つまり、
能自止而不進 
(よく自ら止まりて進まず)
ということです。

元来有為有能である乾の中に位するのであるから、しばらく車体の「とこしばり」をはづしておいてもよい。それほど静かに徳を養へば咎はない。
安岡正篤「易學入門」)

この義理易の解釈は、
なかなかいいと思います。

中位という現状の良さを保って、
そこでじっくり勉強なさいと。

占においては、

  • 今進めば咎がある。六五に去勢される。
  • 願望も今はムリ。
  • 団体の解散。流産。貞節が緩む。(辞からの連想)

・・など、など、
積極的な判断はできません。

有能ではあるけれども、
時の不可なるを知るべし。

時舍(スツル)也。── 乾二爻、文言伝
を参考にせよ。