易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

牛を奪われる

无妄之災。或繋之牛。
行人之得、邑人之災。
── 无妄、六三

理由のない災いに遇う。
牛を村里に繋いでおいたとする。
すると行人がその牛を牽いて行ってしまい、
村人が疑われて思わぬ災いを蒙る。

牛を失う人。
行人。
村人。

この爻は 「无妄之災」 爻ですから、
村人が主役で、他は脇役です。

村人である問占者は、
とばっちりを受けたり、巻き添えをくう。

状況によっては、問占者を、
牛を失う人に当て嵌めることだって
可能でしょう。

だとすると、
妻や恋人を奪われることがある。

牛を離の象とすると、*1
この爻は離を伏していますし、
全卦は大離の似象です。

そこで、
牛==妻=恋人=美女・・
と見るわけで。

(牛だから巨乳?)

× × × ×

(余談ですが・・)

二爻に田を耕すとありましたが、
すると三爻は田を耕す牛なのでしょうか。

各爻に繋属される前の辞は、
あるいはそんな意味だったのか。

*1:漢易の学者は坤の象としています。