易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

行かんや!

无妄之往、何之矣。
天命不祐、行矣哉。
━━ 无妄、彖伝

この辞は、易辞には珍しく、
語調が強いと感じます。

无妄の往くは、いずくにか之(ゆ)かん。
天命祐(たす)けず、行かんや。

ですからね。

行矣哉は、これ決辞にして、利しからざるの義を強く示して垂戒し玉へるなり。
(眞勢中州)


この卦を得たら、
自ら積極的に出るより、
受け身に処していった方がよさそうです。

けど、
乾も震も進む性ですから、
私欲に惑って進んでしまうのかしら? 

不正爻だったり、
応じている爻があったりすると。

天の祐けはないというのに。
(天命不祐)

ちなみに、大有上九には、
「天よりこれを祐く」
とありました。