易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

迷復から无妄へ

无妄卦を読み始めたんだけど、
卦辞にある 「眚」 はきっと、
復上六の 「災眚」 に関連しているね。

復上六は、
「迷復」 ゆえに 「災眚」 あり。

正しい道に復れないから
わざわいがあるのだ。

そして 「妄」 は、
卦辞の 「其れ正しきに匪ざる」 だ。

で、
无妄という卦で、
迷復、妄を戒めているというわけ。

序卦伝は、
无妄が復に続く理由を、

復すれば則ち妄ならず、
故に之を受けるに无妄を以てす

と云っている。