易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

躬自厚(論語)

躬自厚、而薄責於人、
則遠怨矣、── 論語

躬()自ら厚くして、薄く人を責むれば、
則ち怨みに遠ざかる。

(拙訳)
自分の徳を積んでブ厚いものとし、*1
人を責めることの薄ければ、
人を怨んだり、人から怨まれることはない。

× × × ×

人は、兎角、
自分には甘く、人には
完全を求めたりしますね。

とりわけ、
思考が硬直化してくると。

*1:通説とは異なる解釈です。