易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

復徳之本也

地雷復 初九の象伝に、
修身」 という言葉が出てきます。

そして続く六二六四の象伝には、
」「」 とあります。

これは初九の賢人のことをいっています。

修身。仁。道。・・
儒教色の濃い、解釈ですね。

復という卦は、
かくして己れの徳を修めなさいという、
聖人の教えなのでしょう。

× × × ×

繋辞下伝曰く(岩波易経・下 P.274)。

  • 復徳之本也。復ハ徳ノ本ナリ。
  • 復小而辨於物。復ハ小ニシテ物ヲ弁ズ。
  • 復以自知。復ハ以テ自ラ知ル。

× × × ×

論語曰く。

  • 克己復礼為仁。

己ニ克(か)チテ礼ニ復ルヲ仁ト為ス。

ここには、
易経の 「復」「仁」 字が、
使われています。

× × × ×

雑卦伝には、

  • 復反也。

とあります。

この 「反」 字は、
「反省」 の 「反」 とも、
云えましょう。