易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

家出人の推理

山地剥・六四占考に、
このようなのがあったのですが、
その根拠がよくわかりません。

家出人は自殺を計画して出たものですが、どこかで剃刀(カミソリ)自殺か鉄道自殺を遂げてゐるものと見られぬこともありませんが、・・
(易学大講座)

で、
考えてみました。

爻辞に曰く、
剝牀以膚。凶。

××××

「自殺を計画して出た」
剥卦は孤独で寂しい卦である。
また一陽が行き詰まっている象。
そして陽(生)を剥がし去る卦である。
四爻は陰の極で、
陽(生)を滅ぼそうとする意思が強い。

「剃刀自殺」
剥字に刂(リットウ)があり、これは刀である。
爻辞に 「以膚」 とあり、刀が皮膚におよぶ。

「鉄道自殺」
 
 
これ、線路の象でしょうか? 
陰の群れは黒い鉄の塊りで汽車。
それが 「膚に以(オヨ)ぶ」 ということで、
汽車が人身にぶつかる。

××××

なにかコジツケのようで、
どうもスッキリしません。

けど、
剃刀自殺とか、鉄道とか、
加藤氏の取象には目を瞠るばかりです。

が、しかし、
実占において、ここまで 当てる ことは、
ムツカシイと思われます。

やはり、我々凡人は、
可否占にとどめるべきであって、
リストカットかも?」 と思っても、
口には出さないほうがよいでしょう。

自分に酔って、
ベラベラ占い過ぎないこと。