易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

忍び寄る陰邪

剝牀以足。蔑貞。凶。
──剥卦、初六 

剥は陰柔が陽剛を剥落すること。下よりして上り進む。
(今井易経

剝自下起。滅正則凶。故其占如此。蔑、滅也。
周易本義)

朱子曰く、
剥は下より起こる。
正しきを滅ぼすは則ち凶。
故にその占かくのごとし。
蔑は、滅ぼすなり。

朱子は、
あまり義理を説かず、
主に占を説いています。

そのせいか、
朱子の註って、なんとも
すっきりしています。

××××

陰邪がひたひたと足元から入り込んできます。
大したことない、と軽く考えないで、
破滅を先に見て早く切ってしまいなさい。

・・と、そんな占です。