易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

反対の意味

易を読む秘訣のひとつです。

× × × ×

賁は飾るという卦ですが、
六十四卦中、飾らないという卦、
すなわち質実の卦というのはない。
ゆえに、賁という卦に、
飾ると、飾らないとの、
二つの意味を見ているのである。
これは賁卦のみに限らない。
「これ易を読むの訣(奥義)なり」
と呑象翁は云っています。
中孚は信の卦ですが、不信の意味をも、
この卦には含んでいるのです。
(高島易断、参照)

× × × ×

これは、卦だけでなく、
字においてもそうなのです。

易の一字の中に、かわる、かわらないの正反対の二義が共存する・・

中国の文字には往々正反対の二義をふくむものがある。
(本田渉)

易占家にとってお馴染みなのは、
離の、ツク、ハナレル、でしょうか。

× × × ×

さらに、得卦においても、
「節でないから節が出た」
「恒でないから恒が出た」
・・・etc.
ということがあります。

易占家なら、時々、
実感していると思います。