易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

本気か否か

小生の、
最初の占いの恩師であるO先生は、
四柱推命が専門の大家であられるのですが、
難解な原文の本を熱心に読んでおりました。

現在、
日本の占星術界を牽引しておられる某氏は、
「私は独学だけど、洋書は大量に読んでるよ」
と小生に云いました。

小生が尊敬する易学者は、
学生時代、漢文の先生から 「周易述義」 を借りて読み、
まるで理解できなかったので、更に貸してもらって、
一字一句、すべてノートに写し取ったという。

写しながら、
易の術語や釈き方にも慣れ、
大いに後々の助けとなったそうです。

当たり前のことですが、
どの占術でも本格的に研究されている方は、
それなりに苦労して本を読んでおります。

それは、
四柱推命や、占星術や、周易が、
本気で好きだからです。

周易を志すのなら、
何はともあれ、
易経は読みましょうや。

たとえば、
「高島易断」 を読んでみてください。
意外に読みやすいから・・。