易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

時宜か

火雷噬嗑・六五の占考で、
易学大講座の 「病気」 の項を見ると、

手当を遅らせると危険です。

という記述があります。

加藤氏は、なぜ、
このように占考したのか。

三変筮をする上で、
やはり非常に重要な見方が、
ここには隠されています。

要、ご検討。

「易学大講座」 を、
読んでおればわかるはずです。

小生は、
上記のタイトルによって、
ヒントを出したつもりです。

「易学大講座」 は、
旧漢字が難しいのではなく、*1
その占考根拠を自ら推し量ることが、
ムツカシイのです。

漢字だとか、文体なぞ、
難しさの本質ならず! 

××××

ところで、最近、
新規訪問者が当ブログをよく見ておるのですが、
これはいったい、なぜ? 

*1:四柱推命ほか、他の占術でも、
もっと重厚な古書を読んでいます。