易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

三変筮と爻位

三変筮は得た爻を見る占法ですから、
爻位についての理解が不可欠です。

しかし、爻位について、
まとまって説明している本はありませんし、
また、易の講座に出席しても、
各爻を詳細に説明してくれる先生は、
いないでしょう。

これは、
易学大講座。
明治書院の今井易経
高島易断。
・・などを読みつつ、
自分で理解を深めていくしかないと、
小生は思います。

「陰柔不中正」 というのは、
易においてはタチの悪い爻なのですが、
これは初か三にしか出て来ません。

とくに凶意の強いのは、
三位にある陰爻です。

それはなぜか。

こうした理由づけを、
きちんと出来るようにすることが、
三変筮の勉強でもあります。

たとえば、小生は今、
火雷噬嗑を読んでおりますが、
六つの爻につき、程伝ではこう申しております。

初と上は无位なので、刑を受けるの人となし、
余の四つの爻は皆、刑を用いるの人となす。

初と上は位の無い爻なので、
刑を用いる役人ではなく、
刑を受ける罪人であるとしています。

これなど、
爻位を考慮した解釈で、
参考にすべきです。