易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

爻辞占の難しさ

地山謙六四について、
この爻は陰爻陰位で位が正しいので、
上位にいても謙遜できる・・
とのツイートを見ました。

小生の理解は、
この解釈とは少し異なっていて、

  • 上卦に入って謙の精神は薄まってきている。
  • 三に乗り、五の側なので驕慢になりやすい。
  • 爻辞は 「謙であれ」 との教えである。
  • 陰が陰位にあって運気は弱い。

と、見ています。

初心者のうちは、
理解しにくい爻だと思いますが、
易経の表面的な意味とは異なった、
占における爻の見方を、
すべきところだと思います。

こういうところも、
爻辞占の難しいところで、
単純なおみくじ易とは異なる。