易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

占法より易経を

当ブログにつき、
ちょっと前までは、
「時中」
「時に中する」
「久化」
の記事を、新規の訪問者が、
よく読んでいたようです。

それも、
最近はまばらとなりました。

××××

今は、
「三変筮」 関連の記事が、
検索されることが多い。

ブログ主としては、
そうした占法ではなく、
もっと卦爻の記事を読んでほしい。

占法の話は、
野球でいえば配球論であって、
制球力のない、まっすぐにキレもない、
草野球の控え投手が、
そんなこと知ってても仕方ないでしょ、
といったことだから。

それより、
易経を読んで、
易の機構に少しずつ慣れていき、
(恐らく何年もかかるでしょう)
卦と爻の理解を深めることのほうが、
より大事なんじゃないかと思うわけです。

それが易占の 「基本」 だから。
(投手で言えば制球力と球のキレだから)

三変筮に関しては、
可否占をする。
得卦、得爻を徹底的に叩く。
伏卦で結論を出さない。
ということだけを知っていればよし。