易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易の蔵書(4)

神保町の小宮山書店で、
5~6年前に買ったものです。

f:id:kuz-akichi:20190703114136j:plain
表紙の文字は金箔であります。


f:id:kuz-akichi:20190703114229j:plain
著者は、渋谷の代々木八幡の宮司で、
直木賞作家・平岩弓枝の父のようです)
二世呑象高島徳右衛門の易経講義に
参加されていた方。

「その席には、永田錦心とか、熊崎健一郎(熊﨑健翁)など、
錚々たる人物が机を並べていたものです」
とあります。