易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

卦爻を語れ

古い易書を読んでいると、
このような文章があった。

易は他書と異なり独特の約束と術語が六ヶしいので、多くは繋辞伝の概説を読むに止まり、敢えて卦爻に及ばぬ様である。併し易の妙味は却って此卦爻の釈き方にある。

「易は・・独特の約束と術語がムツカシイので・・」
それゆえ、漢文がすらすら読める人でも、
易となるとお手上げの人が多い。

「・・の概説を読むに止まり」
というのは現代にも当て嵌まります。

その証拠に、
「卦爻」 について語っている人は、
(語れる人は)
本当に少ないですから。

「卦爻の釈き方」 という、
その意味すらわからないのでしょう。

なのに易と他の占術とを関連づけて、
何か煩瑣なことを語っている人がありましたが、
おそらく 「概説」 を読んだ上での、
ご本人の 《感想》 なのでしょう。