易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

童観

風地観 初六。
童観。小人无咎。君子吝。

程伝によれば、
「童観」 とはこういうことです。

六は陰柔の質を以て、陽に遠きに居る、ここを以て観見するものは浅近にして童稚の如く然り、故に童観と曰う。
陽剛中正にして上に在る、聖賢の君なり。これに近ければ、その道徳の盛んなるを見、観る所は深遠、初は乃ちこれに遠く、見る所は不明、童蒙の観の如くなり。

この爻は陰柔不才で、
陽から最も遠いところにいます。

爻位が見識の高低を示すとすれば、
初はもっとも低いところです。

 
  

五爻を易経とすれば、
初は易経から遠く離れており、
未だまるきり読んでおらない象。

初爻を得たら、
易経を読まねばならぬ三変筮には、
適性なしです。

五爻を大学教育とすれば、
大学へは進学せずに義務教育を終えて働く、
そんな象とも云えます。

易学大講座にはこうあります。

変じますと風雷益になるので、筋肉労働か何か、さういふ方面の就職などは叶ふと見ますが、・・

「童観」 ですから、
高度に知的な職業には不向きだが、
ガテン系の仕事なら 「小人无咎」 でよろしい。

初には純粋素朴という意味もあります。

また、
伏している風雷益は、
鍬や鋤を持って土を掘り起こす象です。
(繋辞伝)