易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

古えの易書

以下の写真は、
神保町の古書店にて、
大枚をはたいて買った易書です。

といっても一万円+α くらいです。
著作権は既に切れている模様です。

大正期の本ですが、
新たに製本し直してあります。


f:id:kuz-akichi:20190502130339j:plain
周易講義


f:id:kuz-akichi:20190430122018j:plain
朱子語類を使って解説しています。


写真は、山風蠱の解説箇所ですが、
「蓋し九三は・・」 からの文章は勉強になります。

剛に過ぎる九三は、普通は凶なのですが、
蠱を修復するにおいては過剛でなければ正せない、
あまりに柔弱(六四)ではかえって破れを大きくしてしまう。

そういう前提があって、
三爻は過剛であっても悔いるので吉に向かうが、
四爻は柔に過ぎて吝、蠱を見過ごしちゃうので凶に向かうと、
そんなことを述べています。
(おそらく朱子語類を見て書いています)

ちなみに、写真九三の解説文は、
周易本義を使っているようです。