易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易を楽しむ

個人的なことですが、
改葬(遺骨の移動)が終りました。

改葬は人生における大事なので、
その兆しが年筮に出ているのではと思いまして、
屁理屈をこじつけてみました。

××××

今年の年筮は 火風鼎 上九 です。

鼎は 上帝を享る という卦です(彖伝)。
すなわち、お祭りの卦です。

爻辞曰、
鼎玉鉉。大吉无不利。

 
  

上爻は鉉の象です。

鉉は鼎の両耳にかけわたして鼎を火から挙げ、他処に運ぶための把手で木で作る。
(鈴木由次郎 「易経」)


鼎を運ぶということで、
遺骨を移動させる意味ととれます。

遺骨はどこにあるかと言えば、
初から五までに大過の形があるとして、
坤の骨壺に乾の遺骨が入っていると見られます。

そして、その遺骨を、
鼎取新也(雑卦伝)ということで、
新しい墓に運んだというわけです。

伏しているのは雷風恒。

新しいお墓は、
「常久寺」 というお寺にあるのですが、
恒は(ツネ)であり、恒はなり(彖伝)なので、
伏卦がお寺の名を示しています。

このようなことを
事前に読むことはそれは不可能ですが、
こうした事後の分析が、まるで句会か歌会のようで、
易を学ぶ者の楽しみです。