易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

随中に大過あり

随九四。
随有獲。貞凶。 

この爻辞につき、
古人(漢易)はこう説いています。


虞翻曰く:
三を獲るを謂う。
位に当らず、三と四は相據(よ)る。
三から上に沢風大過が在る。
大過は棺槨の中に死屍のある象。
すなわち死の象がある。
故に貞凶。
虞翻終わり


随卦の中に、大過の形を
見ている点が象数易ですね。

 
 

小生などは、
この大過を坎の似象として、
随の卦というのは水雷屯の形に似ているなぁと、
常々感じておりました。

どちらも、
震☳の進めない卦です。