易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

陰は情実に拘わる

横井伯典氏は云います。

年運で沢雷随二爻、三爻を得ると、
多くの場合、異性問題が出てくると。

六二、係小子、失丈夫。
六三、係丈夫、失小子。

辞占としては、「係」 をもって、
異性との係わりがありそうです。

そして、この 「係」 字は、
六爻のうち陰爻にのみ繋けられています。

「係」 は 倚り係る です。

随うという卦にあって、
陰爻は狎れ親しみ、私情に拘泥して、
随の正しきを失うのでしょう。*1

さらに、卦は三陰三陽卦で、
否の交代生卦であるという点からも、
男女の交わりがありそうです。

横井氏は特に明示しておりませんが、
こうした理由が考えられます。

*1:ゆえに、三爻には、
利居貞と戒めの辞が繋けられています。