易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

盱豫

雷地豫 六三
盱豫。悔遅有悔。
伝曰、盱豫有悔、位不当也。

四を見上げて悦に入っている。
戒めること遅ければ後悔することになろう。

たとえば、実力もないのに、
「オレは○○先生に習ったから」
ということを唯一の拠り所として、
威張り散らしている小人です。

象伝に 「位不当也」 とあります。
陰が陽位にいる不正爻。

すなわち、
才のない者が、三爻という高い位にいて、
権勢のある四を承けている。
四を恃(たの)んで自分も偉いと勘違い。
分相応ということを知らない馬鹿野郎。
・・という爻です。