易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

三変筮における変化

易は変化を見るものだから、
略筮によって爻変させたり、生卦法を用いるのは当然のことで・・
と言う人がいます。

でも三変筮においても変化は見ているのですよ。
爻トハ変ヲ言ウモノナリ・・易経の言葉です。

三変筮によりて得られた爻というのは、
爻象、爻位、爻辞を鑑みて断を下すのですが、
その爻自体が変化を示したものだから。

得卦という状態があり、それが変じてゆく六つの諸相が、
六つの爻だといえるのですから。

たとえば謙という時ならば、
へりくだる状態というのは崩れやすく、
ちょっと偉くなると人は不遜に転じちゃいますね。
権勢の強弱、徳の有無によって、謙の運気と言うのも、
へつらいになったり、人に逆らう輩が出て来る。

そうした謙における変化を、六爻のうえに見ているのが、
三変筮における変化なんですね。

以上。笑