易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

自身の月筮

「2月」 の卦をとりました(三変筮)。

【得卦】山地剥六二

 
  

一陽五陰の卦。その一陽が上にあります。
活発なのは頭だけで、首から下は陰気、悪気、何もない空虚。
二爻、五爻も陰で、活動・発展の時ではありません。
得られた二爻は一陽と応じていませんから、
頭の活動もやや妄想ふうか。笑
卦の形を見ても、衆陰(肉体)の上を一陽がふわふわ。
陰気が支配的ですから運気はよろしくない。
不善人による迷惑を被るか。
六二に曰く、剥牀以辨。蔑貞。凶。
辞がよくない。
不善人がオレの 「貞」 を滅ぼすというのか。
陽の明るい兆しが見えないけれども、
せいぜい己れの 「柔順中正」 を、ひとり、
維持するしかない、月筮のようだ。